プロフィール

Author:疾風
留年確定で勉強を諦めた高校1年生。
将来の夢は一応気象予報士。

※ただいま切れ痔発病中

ちなみに「疾風」は「はやて」ではなく「しっぷう」と読みます。

画像も太字も使えなくて感想に四苦八苦。
あとアンチ綾崎ハヤテクラブなんかもやっとります。
いま暫定的に会長です。





ブログランキングに参加中なのでクリックしていただけると嬉しいです。↓
FC2 Blog Ranking

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/05/10 (Sat) 18:37
ハヤテには男友達が必要だと思うんだ。

ハヤテには親しい男友達が居ないです。

物語に登場する主な男キャラと言えば、

・ワタル
・虎鉄
・クラウス
・東宮
・ヒムロ
・神父


といったところでしょうか。

しかしながらこの主な男キャラ、ハヤテの友達という位置付けではほとんどありません。
クラウスと虎鉄は問題外、東宮もヒムロも友人とは言いがたい、親しいという意味ではワタルが親友に当てはまりそうですがハヤテが「ナギの許婚」として接しているために友達とは言い辛い。

悩み相談をする相手として神父が当てはまりますがもう友人とかそれ以前に幽霊ですし。
見えない人に神父と話しているところを見られるとマズイ面もあるので友人とは言えない。

やはり同級生の男友達が居ても良いと思うんです。
折角新学期になったことですし登場させるいい機会だと思います。
よくあるような「主人公の親友のお馬鹿キャラ」でも構わないですしとにかく何でも良いのです。

色々なことを相談できる相手が必要だと思います。
悩みを打ち明けられる相手が女性のみ・・・というのは何かとマズイ気がします。何かと。


ハヤテが男友達と仲良く帰るシーンを見てみたいなー、という個人的願望でもあるのですが。
それは執事という立場上無理なのですけどね。


うーん・・・見てみたいなぁ。



↓クリックしていただけるとやる気が出ます。
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

<< 週刊少年ジャンプ24号感想 | ホーム | お知らせ。 >>

コメント

スクールランブルのもう一人の主人公、播磨拳児にもそういう親友がいなかったですね。
作者にはそういう男同志の友情に興味がなかったのかな?

疾風さん初めまして!

僕は東宮君がハヤテの友人に一番適任だと思います。
歳、性格等相性バッチリですし。
というか、僕は東宮君は「ハヤテの白皇での初めてと友人キャラ」として出したのではないか、と思うんですよ。
第一印象最悪→友人というパターンは結構ありますし。
それに東宮君は今までに友人が一人もいません。そんな彼だからこそ、友人が出来たら裏切らない、そう思います。

彼の成長と可能性に僕は賭けています!

ぽんぽんさん▼

コメントありがとうございます。

そういや播磨も居なかったですね。
花井はどちらかといえば(バカの)ライバルでしたし。
作者が男同士の友情に興味が無かったというよりは播磨が不良で突っ張っていたから無理に友人を入れる必要が無かった、と私は考えます。
「スクールランブル」は男同士の絡みより男と女、女と女の絡みのほうが面白い作品ですし。
でも菅と麻生は別ですw(え


ハマーAさん▼

コメントありがとうございます。

東宮の坊ちゃんは野々原の代わりにハヤテを頼ってしまうので現状じゃ無理なんですよね。
成長というよりは覚醒してもらわないと厳しいですよ彼では。
やはり友人という以上対等な関係でないと。
いつか彼もハヤテと台頭に渡り合える時期が来るのでしょうか・・・。

手っ取り早いのが新キャラ・・・ではあるのですが。
高尾山ハイキングという知らない面々と触れ合う絶好の機会に知り合いのみで固めたメンバーで行ってしまいましたからね。それも厳しそうです。

個人的には虎鉄からホモ要素が抜ければいい友人になりそうだと思うんですけどね。
それは絶対にありえないですが。w


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


東宮くんはどんな友達になれる?

さて、記事自体がレアな東宮君の誕生日ということで、漫画とハヤテとアニメと私。さんの記事、「ハヤテには男友達が必要だと思うんだ。」と精霊王様の城さんの記事、「東宮君についての妄想記事」辺りを元ネタに考察を。東宮君は今のところ唯一の、ハヤテのまともな男友達候


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。