プロフィール

Author:疾風
留年確定で勉強を諦めた高校1年生。
将来の夢は一応気象予報士。

※ただいま切れ痔発病中

ちなみに「疾風」は「はやて」ではなく「しっぷう」と読みます。

画像も太字も使えなくて感想に四苦八苦。
あとアンチ綾崎ハヤテクラブなんかもやっとります。
いま暫定的に会長です。





ブログランキングに参加中なのでクリックしていただけると嬉しいです。↓
FC2 Blog Ranking

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/06 (Mon) 23:40
P2!STEP43「強豪」感想

という訳でP2!の感想です~。


今週のジャンプはネタになる作品ばっかだったのでジャンプの感想を先にやりたかったなぁ・・・。


では追記からどうぞ~。









九勢北の「破王」遊部と川末は試合に臨みます。

抜いて。

去年までの実力で試合をし、秀峰の偵察を無意味にします。

そして去年までの実力でフルボッコの初代の2人テラアワレwww



一方控え室(らしき部屋)

山雀は自分らの逆転勝利を自慢気に語っています。
当初は何の役にも立たなかったくせに。

どう考えても眞白のおかげなのに・・・素直じゃないの!

こういうのをツンデレって言うんだよね?>イワナイ


「”勝つ”っていいなぁ」と勝利の余韻に浸るヒロム。

「もっといっぱい・・・いっぱい勝ちましょうね!」

あの笑顔で言うと無邪気でかわいいなぁ・・・とは思うんだけど、ここまで”勝つ”ということにスポットが当たっていると、「近い将来に勝利の味に酔いすぎてヒロムが狂ってしまうことへの伏線。」と考えてしまうんですよね。

それって私の心が荒んでいるだけ?


さて、秀峰の試合が始まります。
実は去年、九勢北は決勝で秀峰に一度負けているのです。
まぁ2位に入ればその上にはいけるんですけど。


秀峰の選手の動きが速すぎる・・・と思っていると、

フットワークが「一歩動」らしいです。
普通は「三歩動」。

やはり「一歩動」のほうが速いらしい。


通称「天翔」らしいです。

・・・えと・・・それなんて天翔龍閃?

あれも神速を超えた超神速らしいので被ってますね。
というかパクリかwww


秀峰は対戦相手を圧倒しますが、「トップ2の主将の高槻と副主将の大山崎もベンチにすら居ない」とのこと。

こ、ここで六花学院が手を抜いた秀峰をフルボッコにして番狂わせというパターンか!?>ソレハナイ

川末が秀峰の主将、高槻に呼ばれます。
一体何の用なのか。「話がしたい」というのはどういうことなのか。


しかしツルッパゲにメガネって滑らね?ww



ではでは。


↓クリックしていただけるとやる気が出ます。
ヒロム黒化のフラグが立ったかもしれない。FC2ブログランキング



~トラックバック先~

スポンサーサイト

<< 週刊少年ジャンプ36、37合併号感想 | ホーム | ハヤテのごとく!アニメ19話「サキさんのヤボ用(全国版)2007」感想(執筆完了。) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。