プロフィール

Author:疾風
留年確定で勉強を諦めた高校1年生。
将来の夢は一応気象予報士。

※ただいま切れ痔発病中

ちなみに「疾風」は「はやて」ではなく「しっぷう」と読みます。

画像も太字も使えなくて感想に四苦八苦。
あとアンチ綾崎ハヤテクラブなんかもやっとります。
いま暫定的に会長です。





ブログランキングに参加中なのでクリックしていただけると嬉しいです。↓
FC2 Blog Ranking

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/12 (Sun) 01:11
おおきく振りかぶってアニメ18話「追加点」感想

という訳で今週のおおきく振りかぶっての感想です~。



今日は近くの花火大会に行って疲労困憊な状態ですが気力で更新します。


・・・というより腹減った。かき氷しか食ってない。
コンビニで買ってきたパンは更新終了後に食う予定だし・・・。

ならさっさと更新しますか。


では追記からどうぞ~。






さて、スクイズを防いだ西浦ナイン。
二死一三塁とします。


スクイズを失敗した間柴&青木。(ヤクルトではry

「監督に怒られる~。ガクガクブルブル」と恐れています。

河合はこの一連のプレーを見て、「バッテリーが落ち着いている」と感じます。

そりゃあの瞑想は伊達じゃありませんからb


そして打席には河合。

しかし2球目を打ち上げてしまいます。
しかしその打球はもの凄いスピンがかかっており、田島が飛び込んで捕りました。

河合は、「ゴロを打つつもりだったのにボールの下を叩いちまった。!待てよ?確か1打席目も同じことを・・・」と疑いだします。
これは三橋が打ち込まれるフラグが立ってきてますな。

まぁ主人公が打たれない野球漫画なんて面白くもなんともありません。
無敵すぎるのも欠点なのです。

そしてそんなことを考えていると三橋とすれ違います。
そこで三橋は転びますが、振り向きざまに掴んで助けます。マッチョだね。

田島、三橋に「良い人~。」と尊敬のまなざしで見つめられます。


5回表。


この回の攻撃は三橋から。

先ほどコケた三橋を心配し、「打つな」と言う阿部ですが、三橋のワクワクっぷりに「思いっきり振って来い。」と意見を変えます。
しかし本音は「さっさと三振して来い。」でした。
ま、疲れてもらっちゃ困りますしね。

打席に向かう三橋。

言われたとおり思い切り振っていき、ファール。

モモカンは「角材での体幹トレーニングが思わぬ方向で効いてる。スイングの軸が安定している。」と分析します。

続く2球目もファール。真後ろへ。

真後ろへのファールはタイミングが合っている証拠。
モモカンも「タイミングまで合ってるじゃないの!」と驚きます。

そして3球目。いつものとおり1球外します。


そして4球目。
フォークがうまく抜けずに手元が狂い、三橋にぶつけてしまいます。

ボールが湿っていたみたいです。
「この先、抜く球は怖いな」と高瀬は思います。
さて、これでフォークは投げづらくなった、と・・・。


阿部の過保護っぷりはスルーの方向でww

兎にも角にも西浦は先頭打者を出します。


そして打席には9番の阿部。

初球は死球なんてい、痛く・・・ないよ!とばかりに盗塁のサイン。
モーションを盗んでいる田島の指示通り走って三橋は2塁へ。

河合は「ヒット全部2ベース以上ってことかよ!」と嘆きます。
四死球&失策はアウトオブ眼中?

それともウチには四死球も失策もありましぇ~ん!ですか?自信過剰め。死ねばいいのに。(オイ

沖に四球出したのはどこの誰かとww
今さっき三橋に死球与えたのはどこの誰かとww
先ほどのプレーすら忘れるとは三歩歩けば忘れるという鶏並ですなww

さて、河合いじりはこの辺にして・・・。


無死二塁。当然サインは送りバント。

バントの構えをした時、阿部はグラウンドの凹みに気付きます。
「狙ってみっか。」ただ送るよりはいい考え。

そしてその考えはものの見事にはまり一塁も三塁もセーフ。内野安打で出塁します。

ここから両監督の読み合い開始。

一方打席には1番の泉。
今日は2の2と当たっています。

しかし全て直球で三振。
湿気でストレートがうまく投げれるみたい。


打席には2番の栄口。

「1球目からスクイズあるぞ」という監督の考えに河合も3塁ランナー三橋の落ち着きの無さを見て「マジで1球目からスクイズもあるな」と読みます。

そして初球は外します。

「別に歩かせてもいい。満塁策だと思えばいいからな。」と全て外すのもOKの考え。

そして2球目も外しますが西浦に動きなし。

河合は三橋を見て、「あいつは元々ああいう仕草なのか・・・?」と思います。

引っかかった引っかかった~!
三橋=キョドキョド

という方程式を知らないからしょうがないけど引っかかった~ww
ウキャキャキャキャwww

3球目は様子を見るために際どいところにスライダー。
しかし動きなし。

これで「スクイズは無い」と考え、「満塁策を歓迎しているかもしれない」と考えた監督は「スクイズ警戒しなくておK」の指示を出します。

そして4球目はストライク。

モモカンは、「桐青はスクイズ警戒を解いたと見る。やるならここしかない!」
と2-2からスクイズのサイン。

投球と同時に三塁ランナースタート!

「外す!」
「外した!」
「外された!」
「栄口!当てろ!!」

栄口君飛びつく!バットに当たる!打球はフェアゾーンへ!

河合は1塁送球を指示。
三橋は懸念された接触プレー無しでホームを踏み2点目。
西浦高校が追加点をもぎ取ります!

桐青の監督は、「読み負けかよ!クソ!」と悪態。
ま、創設1年目の監督に読み負けは悔しいでしょう。でも事実だからw

これで5回表攻撃中で2-0。西浦高校は2点のリードとなります。

あ、ちなみに二塁にまだ阿部君が残ってるけどたぶん3番の巣山君は凡退するだろうから。うん。
もし巣山が出たところで田島君はシンカーで三振。と。


次回は流石にこのまま桐青がやられっぱなし、ということも無いので桐青の反撃開始。


ではでは。

↓クリックしていただけるとやる気が出ます。
FC2 Blog Ranking


~トラックバック先~
スポンサーサイト

<< お知らせ | ホーム | 週刊少年サンデー36、37合併号感想 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


レビュー・評価:おおきく振りかぶって/第18話 『追加点』

品質評価 45 / 萌え評価 23 / 燃え評価 8 / ギャグ評価 32 / シリアス評価 8 / お色気評価 18 / 総合評価 22レビュー数 59 件 1点を追う桐青の猛追を、田島の的確な判断と、その指示通り素早く対応した三橋と阿部の活躍により、なんとか防ぐことができた西浦高校。1点リー


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。