プロフィール

疾風

Author:疾風
留年確定で勉強を諦めた高校1年生。
将来の夢は一応気象予報士。

※ただいま切れ痔発病中

ちなみに「疾風」は「はやて」ではなく「しっぷう」と読みます。

画像も太字も使えなくて感想に四苦八苦。
あとアンチ綾崎ハヤテクラブなんかもやっとります。
いま暫定的に会長です。





ブログランキングに参加中なのでクリックしていただけると嬉しいです。↓
FC2 Blog Ranking

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/19 (Sun) 00:36
おおきく振りかぶって 19話「桐青の実力」感想

ええ、あえて言わせていただきます。

アクセス数伸びすぎwwどんだけぇ~ww

コメント欄で指摘がありましたが.本当にニュースサイト様にあの2つの記事が取り上げられていました。

何かごめんなさい。そしてありがとうございます。

しかし2日前のアクセス数が34、今現在本日のアクセス数1119。
昨日から合計すると1400。開設からの通算が3524。

・・・凄いですね。

その影響か、順位も60位台まで復帰。
ありがとうございます。


では追記から感想へ。






前回、栄口君の執念のスクイズで一点追加した西浦高校。

しかし続く巣山君はあっけなく見逃し三振。
彼は悪くないよ。
ただの製作側の都合なだけなんだ。
巣山君は悪くない。悪くない。


5回裏。

西浦ナインは守備につきます。
三橋もノリで走ってマウンドに行きますが阿部君は走者だったのでいませんよ?
案の定阿部君はいません。
田島からの呼びかけで田島とキャッチボールを。

突然三橋がニッコリしました。(ニコニコ動画とは無関係です)

田島は「ドキッつーか、ギクッつーか・・・」となにか違和感を。


さて桐青の攻撃。

6番の本山がカーブを上手くセンターへ弾き返しヒットで出塁。
阿部は「カーブ待たれたな・・・」とのこと。

続く7番の高瀬は送りバント。
これで一死二塁となります。

続く8番の山ノ井に阿部は、「進塁打を打つつもりか・・・?カーブで打ち上げさせる」とカーブを外角に。

しかしカーブはまたもや狙われて痛打されてしまいます。
桐青の監督はカーブのゴロ打ちを徹底させています。

さすがに阿部は気付き、「そろそろまっすぐを投げさせるか」と考えます。

そして打席には9番の前川。

まっすぐ2球で追い込みます。

そして3球目もまっすぐ。
しかし前川、それをバットに当て打球はセンターへのフライ。
それが犠牲フライとなり桐青はようやく1点を返します。

そして続く真柴。
「俺も続くぞー!」と意気揚揚と打席に入りますがその途端にベンチから聞こえてくる怒号。
フライを打ってしまったからね。
「点を入れても怒られるんだ~。」とビビリます。
お前さっきからビビってばっかだな。

しかしそれは真柴に「ゴロを打たなきゃ」と思わせました。

そしてもう一回セーフティバントを狙います。
し か し、

例のまっすぐで打ち上げてピッチャーフライ。

西浦のヘタレは水谷だけど桐青のヘタレはお前かwww
了解した。これからこのブログではお前はヘタレと呼ぶ。(オイ

ヘタレ(笑)は「上げ、上げちゃった~」とガクガクブルブル。
ドンマイw

セーフティバント狙って打ち上げるのは1番かっこ悪いwww


そしてベンチに引き上げる西浦ナイン。
三橋は突然鼻血を出します。

花井に「ベンチに戻るまで鼻つまんどけ」といわれます。

鼻をつまんだから息が出来ない~。

・・・ボケ方が古典的過ぎるぜ!

・・・以上、百戦錬磨のツッコミ野郎の一言でした。
あ、ちなみに私のツッコミはスベリまくってるんでそこんところご了承を。

・・・何言ってるのか分からなくなってきた。本題に戻りましょうか。


ベンチに帰った阿部。
三橋の変わり果てた姿に、「これで夏が終わった・・・」と青ざめる阿部。

モモカンから事実を聞いて一安心。

・・・腐女子の気持ちがわかった気がしないこともない。


桐青のベンチでは高瀬からフォークの件を聞いた河合がシンカーを心配し確認することに。

一方観客席では三橋の鼻血について母親たちが妄想を膨らませていました。
・・・あんたら、息子の試合の応援しに来たんだよね?
井戸端会議すんなww応援しろww

西浦ベンチでは三橋の介抱が続きます。
しかし田島は高瀬が投球練習するのに気付き、阿部に介抱をパスして観察します。

阿部は「球数減らすか・・・?それだと桐青の打者はかわせない、かといって三橋が潰れると・・・」と思考をめぐらせますが、
復活した三橋の「ゆう通りに投げるよ!!」というセリフで諦めました。

阿部の「頼むぞ!」というセリフは三橋には効いたみたいね。

6回表。

西浦の攻撃は4番の田島から。
初球を振りぬき打球は三遊間を抜いてレフト前ヒットとなります。

そして盗塁。

しかし続く花井はセカンドライナー、沖は三振、クソレフトも三振と後続が続きません。

とっても早く攻撃が終わってしまいました。
これをご都合主義t(ry

6回裏。

2番の松永から。
初球はボールのストレートから入ります。
2球目は同じコースからのシュートでストライク。
3球目はインコースのボール球のカーブを引っ張りファール。
4球目はカーブ待ちをあざ笑うかのごとくストレートで見逃し三振。

阿部は「チーム全体でカーブを待ってる」と気付きます。

打席には3番の島崎。

初球は外にボールになるカーブ。
しかし島崎は上手くセンターに弾き返しヒット。

そして4番の青木。

いきなりバントの構えを見せます。
なんか表情が変で吹いたwww

初球は中にシュート。
しかし青木はなんとバットを引いてスイング。
バスターで右中間を破られ2ベース。
一死二、三塁になります。

ここで西浦は守りのタイム。
マウンド上に内野が集まり、伝令で西広が来ます。
西広によるとモモカンからの指令はスクイズ警戒。
というわけでそれぞれの守備位置に就く・・・前に三橋の「さ、サードランナー!」の一言で全員三塁ランナーを睨みます。
ガンを飛ばすとも言うww
「な、何だよ・・・」と戸惑う三塁ランナー島崎。

しかしいちいち三塁ランナー見ることには何の意味があるんでしょう?
何でもいいから惑わせてスタートを一瞬でも遅らすとかいう魂胆なんでしょうか?
「野球経験者なのに分からんのか!」とか言わんといてくださいww
私は生粋の外野手で内野なんかやったことないんです。勘弁してください。

さて本題。

5番の河合が打席に入ります。

初球からスクイズ。
まっすぐを打ち上げますが、打球を殺したためにサード田島の前に落ちます。
バックホームするも間に合わずセーフ。一塁はアウトにします。

しかし西浦は同点に追いつかれます。

自分たちが必死に5イニングかけて奪った2点のリードをたった2イニングでフイにされてしまったのです。
阿部はショックで呆然としながら自分の位置に戻ります。
モモカンは「切り替えて!」と願いますがそれは叶わず。

しかしそこで三橋。
「バッター勝負ぅぅぅぅぅぅ!!!!」と叫び皆は元気を取り戻します。

阿部も「三橋は元気だ!」と我を取り戻します。

打席には6番の本山。

初球は中のシュート。

で、次回。

次回は「逆転」とのことですがどうなるんでしょうね。
河合キャプテンが何か行動を起こすみたい。





・・・しかし感想書きづらいなコレ。
なんかあらすじ紹介に毛が生えたくらいにしかなってない気がするし。

今回は指輪物語を見ていたせいで遅くなってしまいました。
ごめんなさい。




では。


↓クリックしていただけるとやる気が出ます。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : おおきく振りかぶって - ジャンル : アニメ・コミック

<< ハヤテのごとく!アニメ第21話「ピーターさんもいい迷惑」 感想 | ホーム | アクセスが。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


レビュー・評価:おおきく振りかぶって/第19話 『桐青の実力』

品質評価 15 / 萌え評価 30 / 燃え評価 10 / ギャグ評価 20 / シリアス評価 1 / お色気評価 3 / 総合評価 13レビュー数 83 件 両監督の緊迫する、読み合いと駆け引き。その勝負を制したのは西浦の監督、モモカンだった。スクイズ警戒だった桐青の裏をかき、見事にバントを成


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。